活動メインイメージ

官民コラボ

コロナ禍でも安心して子育てできるよう
乳幼児を持つ家庭へ情報誌を制作

株式会社 エバーセンス

住宅地

子育て

株式会社 エバーセンス

団体イメージ

「家族を幸せにすることで、笑顔溢れる社会をつくる」をミッションに、WEBメディアの企画・運営、子育て支援アプリの企画・開発。妊娠アプリ「ninaru」を始め、育児/パパ専用/祖父母専用など幅広く展開。

担当者:営業部 池田春菜

TEL:03-3665-6603

E-mail:sales@eversense.co.jp

株式会社エバーセンス

連携したことのある自治体
東京都日野市

日野市の子育て情報誌「ninaru MAGAZINE 日野市特別版」を作成

東京都日野市と株式会社エバーセンスは、令和2年11月2日「子育てしやすいまちの実現に向けたパートナーシップ協定」を締結いたしました。

本協定に基づく初の協働事業として、日野市の子育て情報誌「ninaru MAGAZINE 日野市特別版」を作成いたしました。コロナ禍で孤立しがちな保護者の悩みや不安感の解消やサービスの利用促進につなげるため、エバーセンスとの協働で、子育て情報誌を発行し、市内の乳幼児を持つ家庭等に配布しました。

コロナ禍でも安心して子育てできるような情報が詰まった冊子

エバーセンスでは、妊娠・出産・子育ての無料アプリを通じ、「家族を幸せにする」サービスを提供しています。一方、日野市では、子育て支援施策等の情報を、必要とする家庭に確実に届ける必要性を強く感じておりました。

市の子育て情報サイトをリニューアルするにあたり、民間企業の子育て情報サービスからヒントを得ようと、エバーセンスにコンタクトを取り、お付き合いが始まりました。目指す方向性が一致したため、協定を締結し、「子育てしやすいまち」の実現に向け何ができるかを探るなかで、コロナ禍でも安心して子育てできるような情報が詰まった冊子を、エバーセンスのノウハウを生かして作成することにしました。

「自治体らしくない」紙面にこだわり

子育て情報発信で実績のある企業のノウハウを生かし、「自治体らしくない」紙面にこだわりました。専門家の監修した育児コンテンツと、日野市の子育てひろば、一時保育の情報、市長インタビューを盛り込みました。「コロナ禍で外出を控えていたが、子育てひろばの感染対策を知って、10か月ぶりに子どもを連れてきました」など、嬉しい声が届いています。

子育てに悩んだとき、誰かの力を借りたいとき・・・この冊子のことを思い出して、ひろばに足を運んだり、一時保育を利用したり、市の窓口にご相談いただけることを願っています。

日野市の目指す子育てしやすいまちに貢献

多くのママ・パパに寄り添ってきた知見を活かし、より地域に密着したリアルな場所を通じて、日野市の目指す子育てしやすいまちに貢献したいと考えています。

他の官民コラボ

TOP官民コラボ > コロナ禍でも安心して子育てできるよう乳幼児を持つ家庭へ情報誌を制作