活動メインイメージ

官民コラボ

収入源を失った
地域学生のチカラを
ミライの市政の発展に

株式会社Review

その他

学生支援

株式会社Review

団体イメージ

“インターネットでは探せない「今」の街中の情報 ”を、どこよりも早く・細かく調査し、データ化/分析してビジネスマップツールとし、リアルタイムのオフライン情報を、企業や自治体に提供しております。

担当者:広報 菊池あしび

TEL:06-7730-9109 / 080-7301-8056

E-mail:kikuchi@re-view.co.jp

株式会社Review

連携したことのある自治体
大阪府枚方市

枚方市の学生を雇用し、市内のデータ収集

ビジネスマップサービス「macci」(マッチ)の開発を行う株式会社Reviewは、大阪府枚方市と連携協定を結び、枚方市の学生を雇用。今後の枚方市政策形成の遂行(EBPM)に繋がる市内のデータの収集事業を行いました。コロナ禍において収入源を失った多くの学生の一助となり、その彼らのチカラがミライの市政の発展に繋がることを目的と致しました。

本事業は、2020年6月1日~7月31日の期間で実施し、枚方市在住の学生23名を雇用。合計4,990件のデータを枚方市に納品。市が政策形成の為に必要とする、空き家(3.643件)・交通看板(1.347件)データを、市内57.97 km2を巡回し収集致しました。

街中のオフラインデータを収集・ビッグデータ化

枚方市は、市内に5大学を有する学生が多く居住する街です。新型コロナウィルスの影響下、多くの学生がアルバイトを失い収入源を欠いた現状にありました。

また枚方市は、弊社代表取締役の生まれ育った故郷であり、弊社事業スキームを用いて、枚方市と住民の方々に寄与できないかと考えた事が発端で、連携協定に至りました。弊社は元来、自社開発の調査用アプリケーションを使い、街中のオフラインデータを収集・ビッグデータ化する事業を行っておりました。調査は、「外で・ひとりで・非対面で」行う業務のため、雇用学生ならびに地域住民への安全も維持できると考え、コロナ禍でのプロボノ活動の一貫として枚方市にご提案させて頂きました。

自治体とデータのすり合わせ・連携協定・事業開始までをスピーディに

一日も早く、学生アルバイトさんに稼働して頂くために、枚方市様と必要データのすり合わせ・連携協定・事業開始までをスピーディに行うことに努め、枚方市にもご協力頂きました。

アルバイト応募開始日から反響が高く、即日67名の応募者が集まりました。感染症対策の為、面接~雇用契約~OJT~日々のコミュニケーションもすべてオンライン化。事業終了後の就業学生からは「家族や大切な人に感染させてしまう不安がない業務且つ、自身が住む大好きな街に貢献できるやりがいのある業務だった」という声が多数届きました。

地域活性化や雇用拡大の一助となり、社会課題解決を目指す

地元住民の雇用を増やし、その力を活用することで、当該自治体が要する地域データを収集し、そのデータをエビデンスに政策形成を行っていく」という同モデルを、他自治体にもご提案中です。空き家問題、看板/道路等の破損調査、耕作放棄地調査、防災調査、高齢者見守りなど、自治体が抱える課題に対し、地域住民が仕事として従事する事で、地域活性化や雇用拡大の一助となり、社会課題解決を目指して参りたいと考えております。

他の官民コラボ

TOP官民コラボ > 収入源を失った地域学生のチカラをミライの市政の発展に