分析コラム

ハートフル
×高齢化率 / 人口密度

ハートフル×高齢化率のグラフ
全体 ハートフル施策・計
総数 35027 164
14%未満 0 0
14%以上
21%未満
3.1 8.5
21%以上
30%未満
40.0 47.0
30%以上
40%未満
45.3 32.9
40%以上 11.6 11.6
ハートフル×人口密度のグラフ
全体 ハートフル施策・計
総数 35027 164
30/㎢未満 13.3 9.8
30/㎢以上
100/㎢未満
20.1 17.1
100/㎢以上
300/㎢未満
24.4 19.5
300/㎢以上
1000/㎢未満
20.7 21.3
1000/㎢以上
3000/㎢未満
12.4 18.3
3000/㎢以上
10000/㎢未満
7.8 10.4
10000/㎢以上 1.3 3.7

全体:全国で実施されている、臨時交付金の活用事例集の特定の事例に類似する事業の合計件数に対する、各地域で実施されている同事業の合計件数の割合

ハートフル施策に係る取組:全国で実施されている、以下の事例に類似する事業の合計件数に対する、各地域で実施されている同事業の合計件数の割合
〈同事業に含まれる事例〉
事例集番号26 子ども食堂臨時代替事業
事例集番号32 市民参加型社会システム維持プラン公募・実証事業
事例集番号63 小さな拠点活動応援事業
事例集番号64 生涯活躍のまちづくり応援事業(日本版CCRC)
事例集番号65 地域のソーシャルビジネス、NPO支援事業
事例集番号72 地域の経済活動を支援するエリアマネジメント事業

※分析の対象となっている事業は、令和2年9月30日までに提出のあった実施計画記載の事業のうち、掲載日までに公表意思の確認ができたものです。
※事例集番号は、各自治体の判断で実施計画に記載してあるものを集計しています。

  • 有識者コメント

    D4DR株式会社 代表取締役社長藤元 健太郎
    傾向

    今後の社会システムを支える仕組みとして共助(子供食堂,地域コミュニティ,ソーシャルビジネスなど)やヘルスケアなどの「ハートフル」と言える分野への取り組みはエリアによる差は見られなかった。差が出たのは高齢化率が30%未満,人口密度1000k㎡以上などの自治体で取り組みが多い傾向が見られた。


    考察

    こうしたハートフルな施策は一見高齢化率も高く過疎化が進展している地域こそ取り組みに力入れている感もあるが,実際は格差の進展による子供の貧困,シングルマザーの増加,集合住宅による新興住民の増加地域などこそが直面している地縁の欠如による社会課題の解決を求めているのではと予想される。行政による支援の限界も地域コミュニティによる解決を求める要因のひとつであると考えられる。


一覧に戻る

TOP 分析コラム > ハートフル×高齢化率 / 人口密度