分析コラム

交通物流
×人口密度

交通物流×人口密度のグラフ
全体 地域公共交通機関の高度化支援事業 地域宅配システム導入事業
総数 35027 68 83
30/㎢未満 13.3 13.2 8.4
30/㎢以上
100/㎢未満
20.1 32.4 25.3
100/㎢以上
300/㎢未満
24.4 23.5 28.9
300/㎢以上
1000/㎢未満
20.7 14.7 13.3
1000/㎢以上
3000/㎢未満
12.4 11.8 12.0
3000/㎢以上
10000/㎢未満
7.8 4.4 9.6
10000/㎢以上 1.3 0 2.4

全体:全国で実施されている、臨時交付金の活用事例集の特定の事例に類似する事業の合計件数に対する、各地域で実施されている同事業の合計件数の割合

交通物流に係る取組:全国で実施されている、以下の事例に類似する事業の合計件数に対する、各地域で実施されている同事業の合計件数の割合
〈同事業に含まれる事例〉
事例集番号25 地域公共交通機関の高度化支援事業
事例集番号30 地域宅配システム導入事業

※分析の対象となっている事業は、令和2年9月30日までに提出のあった実施計画記載の事業のうち、掲載日までに公表意思の確認ができたものです。
※事例集番号は、各自治体の判断で実施計画に記載してあるものを集計しています。

  • 有識者コメント

    D4DR株式会社 代表取締役社長藤元 健太郎
    傾向

    交通物流分野での取り組みについては人口密度と事業所密度で分析をしてみたところ,地域公共交通機関の高度化支援事業も地域宅配システム導入事業も人口密度が300K㎡未満でと30k㎡以上〜100K㎡未満では高い実施傾向が見られた。事業所密度については10K㎡未満の自治体では地域公共交通機関の高度化事業に取り組んでいる。


    考察

    地方の過疎地域においては運転手の人手不足や高齢化などで今後の交通機関や物流分野の維持に深刻な課題を抱えているところが多い。都市部では民間主導で施策を進めているところも多いが,やはりビジネスとして成立しない地域においては行政主導の高度化支援が欠かせない状況がますます増えていくことになるだろう。


一覧に戻る

TOP 分析コラム > 交通物流×人口密度