青森県東通村

村長

写真

越善靖夫

議長

写真

丹内俊範

  • 村長メッセージ
  • 議長メッセージ

令和3年2月3日 更新

このページについて

このページでは、自治体の特徴や臨時交付金の活用状況、活用事業に込められた想いなどを紹介しています。

「メッセージ」は、自治体の首長や議長が臨時交付金の実施計画に込めた想いや座右の銘などを任意で御協力をいただけた方について掲載させていただいております。これは、移住や関係人口のつながり先を選択する際に、まずは、その地域の方々の想いの一端でも知ることができないかとの声を踏まえ、地方創生の観点から掲載しているものです。

「主な取組」は、臨時交付金活用事業のうち、自治体が特に注力しているものとしてご登録いただいた事業を掲載しています。また、それ以外の臨時交付金活用事業は、「取組事業一覧」で確認することができます。

「実施計画分析グラフ」は、実施計画(第1次・第2次補正予算分)に記載された事業※について、各事業の総事業費を基に、予算の振分けや特に多くの予算を充てた取組(活用事例集の事例番号を参考)を整理しています。「自治体基礎データ」は、各自治体の人口などの基礎情報に加え、都道府県単位の感染状況や滞在人口の動向などを掲載しますので、併せてご参照ください。

本サイトに掲載されている事業は、原則、令和2年9月30日までに自治体より提出のあった実施計画(第1次・第2次補正予算分)記載の事業のうち、更新日時点で公表意志の確認ができたものであるため、最新の事業内容と相違している可能性があります。

更新履歴

令和2年11月10日
公開
令和3年1月12日 更新
令和3年2月3日 更新

東通村の主な取組(第1次・第2次補正予算分)code:024244

  • 東通村新型コロナウィルス感染症対策プレミアム付商品券発行事業

    事業概要
    プレミアム付商品券を発行し、消費喚起を図ることにより、商工業者、農林水産業者等の支援を行う。
    事業の背景
    第一次産業及び商工業において、売上高が減少し、事業活動に支障が生じている状況にある。
    工夫している点
    プレミアム商品券のプレミアム率を50%にすることにより経済効果を高め、迅速に販売することにより、早期回復を図る。
    写真
  • 東通村新型コロナウィルス感染症対策ふるさと学生応援便事業

    事業概要
    生活費等の確保が困難となっている学生に対し村産品や日用品等のふるさと便を届ける。
    事業の背景
    村外在住の学生が、生活費等の確保が困難になるとともに、帰省の自粛を余儀なくされている状況にある。
    工夫している点
    東通村出身で村外在住の学生に対し、生活支援及び感染症対策支援により、ふるさとの温かさを届ける。
    写真

取組事業一覧を見る(第1次・第2次補正予算分)

取組事業一覧(下記)をダウンロード

令和2年9月30日までに提出のあった実施計画記載の事業のうち、更新日時点で公表意志の確認ができた事業を掲載しているため、最新の事業内容と相違している可能性があります。事業の詳細については、自治体にご確認ください。

No.1
東通村新型コロナウィルス感染症対策事業者支援一時給付金支給事業
事業実施期間:令和2年5月~令和2年10月
総事業費:6,143千円
No.2
東通村新型コロナウィルス感染症対策プレミアム付き商品券発行事業
地域未来構想20:⑲商品券・旅行券
事業実施期間:令和2年5月~令和3年2月
総事業費:28,859千円
No.3
東通村新型コロナウィルス感染症対策学生支援一時給付金支給事業
事例集番号:107
事業実施期間:令和2年5月~令和2年10月
総事業費:10,280千円
No.4
東通村新型コロナウィルス感染症対策ふるさと学生応援便事業
事例集番号:27
事業実施期間:令和2年5月~令和2年12月
総事業費:3,556千円
No.5
東通村新型コロナウィルス感染症対策感染症予防・拡大防止用資材購入事業
事例集番号:38
地域未来構想20:⑤防災IT化
事業実施期間:令和2年4月~令和3年3月
総事業費:13,611千円
No.6
庁舎等オンライン会議用機器購入事業
地域未来構想20:④行政IT化
事業実施期間:令和2年10月~令和3年3月
総事業費:12,632千円
No.7
庁舎等Wi-Fi環境整備事業
地域未来構想20:④行政IT化
事業実施期間:令和2年10月~令和3年3月
総事業費:13,980千円
No.8
新型コロナウイルス感染症対策資器材購入事業
事例集番号:36
地域未来構想20:⑤防災IT化
事業実施期間:令和2年8月~令和3年3月
総事業費:18,900千円
No.9
災害用無人航空機購入事業
事例集番号:36
地域未来構想20:⑤防災IT化
事業実施期間:令和2年8月~令和3年3月
総事業費:600千円
No.10
弘前大学連携学生食地元産品PR事業
事例集番号:27
地域未来構想20:⑭ハートフル
事業実施期間:令和2年8月~令和2年11月
総事業費:400千円
No.11
一部事務組合下北医療センターむつ総合病院感染病棟改修工事負担金
事例集番号:1
地域未来構想20:②発熱外来
事業実施期間:令和2年6月~令和2年10月
総事業費:1,247千円
No.12
東通村診療所発熱外来棟増築事業
事例集番号:1
地域未来構想20:②発熱外来
事業実施期間:令和2年8月~令和3年3月
総事業費:49,528千円
No.13
東通村診療所オンライン診療体制整備事業
事例集番号:10
地域未来構想20:⑩医療
事業実施期間:令和2年8月~令和3年3月
総事業費:2,000千円
No.14
小学校・中学校オンライン学習支援事業
事例集番号:103
地域未来構想20:⑨教育
事業実施期間:令和2年9月~令和3年3月
総事業費:32,720千円
No.16
学校給食返還等事業補償金
事例集番号:103
事業実施期間:令和2年4月~令和3年3月
総事業費:329千円

実施計画分析グラフ

※ 各自治体の実施計画記載事業(注1)について、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)の4つの区分のうち該当する区分を整理した上で、予算の振り分け(注2)を算定しています。

注1 原則、令和2年9月30日までに提出のあった実施計画記載の事業のうち、更新日時点で公表意志の確認ができた事業

注2 実施計画に記載の総事業費を振り分けたもので、各事業への交付金の振り分けはこれと異なる場合があります。

カテゴリ別予算振り分け(単位:%)

①感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発
②雇用の維持と事業の継続
③次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復
④強靭な経済構造の構築

事例集番号TOP5

#--
 
#--
 
#--
 
#--
 
#--
 
緊急時対応段階
継続・回復段階
緊急時対応段階・継続・回復段階
その他事例番号
該当事例番号なし

地域未来構想20 TOP5

#--
 
#--
 
#--
 
#--
 
#--
 
コロナに強い社会的な環境整備
新たな暮らしのスタイルの確立
新たな付加価値を生み出す消費・投資の促進
その他分野番号
該当なし

自治体基礎データ

i

人口、事業数、人口分布は、2015年の国勢調査のデータを使用しているため、現在の人口等と大幅に異なる可能性があります。また、原子力災害により,全域が避難指示区域である町村(2015年時国勢調査時)はデータが表示されない場合があります。ご留意ください。

人口:
事業所数:

人口分布

男性

--.-%
--.-%
--.-%
--.-%
  • 0~14歳
  • 15~64歳
  • 65~74歳
  • 75歳~

女性

--.-%
--.-%
--.-%
--.-%
  • 0~14歳
  • 15~64歳
  • 65~74歳
  • 75歳~
男性:--.-% 女性:--.-%

人口出典:「RESAS(地域経済分析システム)-人口構成-」(https://resas.go.jp/population-composition/)(年時点)を加工して作成

事業所数出典:「RESAS(地域経済分析システム)-事業所数-」(https://resas.go.jp/municipality-plant/)(年時点)

都道府県別データ

・全国の感染者数
( https://corona.go.jp/dashboard/ )
・人流の減少率
( https://corona.go.jp/dashboard/#reduction )