事業紹介

産官学連携による
ICTを活用した見守り支援事業

北海道沼田町

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

産官学連携による<br>ICTを活用した見守り支援事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    ⑭ハートフル

  • 事業実施時期

    令和2年6月〜令和3年3月

  • 総事業費

    10,000千円

最新の機器を活用し、ご高齢の方が楽しみながら自ら健康増進を図り、あわせて、地域や家族から見守られる仕組みづくりを進めるために、専用の腕時計や機器類を使って、血圧、脈拍、脈拍、歩数、体重、体温などを計測し、結果を記録・蓄積することで、自身の健康増進に役立てていただくとともに、自宅内の配電盤にセンサーを設置し、電力使用状況の面から日々の生活状況をモニターし、見守りに役立てる。また、各センサーからのデータや情報は、本人のほか、離れた場所で暮らす家族とも共有し、離れていてもICTの活用によって見守られる体制を作る。本事業は30名の町民の方にモニターとしてご参加いただき、この結果を踏まえて、全町的な展開について検討していく。

photo

事業の背景

北海道沼田町では高齢化が進行しており、高齢者のひとり暮らしや高齢者のみの世帯が増えている。こうした中で発生した新型コロナウイルスの感染拡大は、「会いたくても会えない」「通院が難しい」という状況を生み、高齢者が健康を維持し、安心して暮らせる環境づくりの重要性を改めて痛感した。そこで、最新の機器を活用し、ご高齢の方が楽しみながら自ら健康増進を図り、あわせて、地域や家族から見守られる仕組みづくりを進めることといたしました。

  • 有識者コメント

    五十嵐 智嘉子
    一般社団法人 北海道総合研究調査会
    理事長
    五十嵐 智嘉子
    この取組を面白いと感じた理由

    1点目は、データ分析のシステムは奈良県立医科大学の大学発ベンチャーが開発し、血圧など、計測した生体データは随時本人にフィードバックされるほか、データの推移を確認できます。健康に対する意識が高まるなど行動が変容し、健康状態が改善するケースがありました。2点目は、今年は本人と本人が許可した家族にラインアプリを通じてデータが共有される仕組みを導入した点です。この期間にも、血圧が急上昇した高齢者に対し、家族がすぐに病院に行くように連絡を入れるなど、遠隔見守りの効果がありました。
    血圧や体重などの計測が習慣化し、そのデータが遠隔地の家族にも共有されることで、健康と見守りの双方が可能になる点が優れています。


    この取組の特に注目してほしいポイント

    本事業は在宅の高齢者を対象にスタートしました。スマホなどICTデバイスの使用は、高齢者にとっては大きな負担で、当初は戸惑いもありましたが、徐々に慣れていき、自身の生体データを計測することが習慣化していきました。中にはスマホを操作できるようになり、孫とのラインを楽しむようになった方もいます。思わぬ効果でした。
    今後、高齢者施設などにも導入が進めば、見守り時間が削減され、介護者が利用者に関わる時間が増えることが期待されます。


    この取組と組み合わせたら相乗効果のありそうな取組

    このシステムは、生活や仕事の環境データとの組み合わせで活用することができます。例えば、暑い日や寒い日に外で仕事をしている人の健康管理にも役立ちます。農業を基幹産業とする沼田町では農業者への利用が有効だと思います。


    この取組をオススメしたい自治体

    住民の見守りが徐々に困難になっている自治体のニーズに合致します。在宅高齢者を対象とする場合、スマホの操作やICT特有のトラブルへのサポート体制が必要です。日頃から住民の健康を考えてコミュニケーションをとっているという自治体にお勧めします。


    この取組に期待すること

    このシステムを使うことで自身の健康に対する意識が高まり、健康増進や予防につながる活動をする人が増えることで、医療費の削減につながることが期待されます。
    また、今後は医療との連携が図られ、このシステムによって計測した自身の生体データが医師の診断に活用されれば、生活習慣病の予防や急変時の早めの対応に役立つことが期待されます。


    続きを読む

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 産官学連携によるICTを活用した見守り支援事業