事業紹介

幼児園感染対策・保護者支援事業

奈良県三宅町

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

幼児園感染対策・保護者支援事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    -

  • 事業実施時期

    令和2年7月〜令和3年3月

  • 総事業費

    1,702千円

新型コロナウイルス感染症対策として、保育施設内において紙おむつの「提供」から「廃棄」までを行うことで、保育施設における感染拡大を予防する。また、紙おむつの提供及び廃棄については、官民連携により民間事業者の提供する定額(サブスクリプション)サービス「手ぶら登園サービス」を導入することで、保育施設でのおむつの利用、在庫管理を一括で行い、保育業務の効率化・負担軽減を図る。

photo

事業の背景

保育施設においては、紙おむつを家庭から持ち込み、家庭において処分をしており、新型コロナウイルス感染症が園内で発生した場合においては、紙おむつが感染拡大への媒体となる恐れがあった。また、施設において、紙おむつを園児ごとに個別管理する必要があり、おむつの取り間違えや、持ち帰りの確認などの感染拡大防止の作業が大きな負担となっていた。また、保護者にとっても、子育てと仕事の両立の中、毎日の紙おむつ準備と廃棄の取り扱いが大きな負担となっていた。

  • 首長インタビュー

    森田 浩司
    奈良県三宅町長森田 浩司
    出身地
    奈良県磯城郡
    首長職以前の略歴
    大阪商業大学卒業
    三宅町議会議員を経て、2016年に三宅町長に就任(現在2期目)
    首長としての活動実績(一例)
    ●住民との協働のまちづくり(タウンミーティングなど住民との意見交換の開催)
    ●民間事業者との協働のまちづくり
    ・江崎グリコ株式会社との「Co育てプロジェクト」
    ・アナザーワークスとの「民間人材登用プロジェクト」
    ●首長として時短産休を取得
    趣味
    料理、お弁当づくり
    コロナ禍における地域課題を把握するための活動

    三宅町は奈良県で一番、全国でも二番目に小さな町です。このように小さな町だからこそできることを常に意識して町づくりに取り組んでいます。
    新型コロナウイルス感染症対策にあたっては、町内の全世帯を対象とした緊急アンケートを実施しました。回答率は約87%という高さで、住民が抱く不安感の大きさが如実に伝わってきました。臨時交付金による事業においても、このような住民の生の声を最大限に活かすようにしました。



    臨時交付金事業において住民から評価が高かった取り組み

    緊急アンケートで多かった心配ごとの一つが、マスク・消毒液などの確保です。そこで第2波、第3波に備え、これらの用品を町が一括購入し、全世帯に備蓄用品として配布しました。また、町外に住む町内出身の学生などにも同様の支援を行っています。
    「みやけお買い物券」と「みやけチョイス」も住民から評判のよい事業の一つです。これは、住民への生活支援、地域産業の活性化を目的とした地域振興券です。商品の発送などには商工会を中心に住民も携わり、町ぐるみでの取り組みとなっています。


    注目事業に取り組むことになった背景や目的

    この注目事業は、私自身の体験がきっかけの一つになっています。令和2年1月に第一子が生まれ、私も子育てに携わるようになり、そのたいへんさを実感しました。紙おむつの処理もその一つでした。買う量も膨大で、その処理もひと苦労です。そんなタイミングで感染症が拡大し、町営の保育施設での紙おむつの処分・廃棄が感染拡大防止ための課題として浮上してきました。そこで、民間事業者のサービスを活用して解決できないかと検討することになったのです。


    注目事業でこだわった点や職員・住民からの評価

    町の保育施設では、以前から保育士の業務軽減が課題としてあり、これまでも議論を重ねてきたという経緯がありました。そんなこともベースとなって、職員たちとの課題意識の共有もスムーズだったように思います。現場の保育士たちも「負担が増えるのではないか?」と最初は不安だったようですが、保護者負担の軽減や、自分たちの業務軽減につながるのであれば一度チャレンジしてみようと考え、導入に至りました。この事業のような取り組みは、公立の保育施設では全国初だそうです。保護者からも「ぜひ継続してほしい」という声が多く寄せられ、とても好評です。小さな町、三宅町らしいチャレンジだと思っています。


    コロナ禍での町長としての働き方、大切にしている視点

    子どもが産まれてから、時短育休をとって仕事をしています。最初迷ったのですが、「子育てに力を入れている町の町長がそれでは絶対にあかん!」と職員たちに背中を押され、率先して実践することにしました。今は子どもの成長を間近で見ることが一番の楽しみです。お弁当も自分で作っています。今朝、玉子焼きの出来がよいと妻にほめられ、今日はテンション高く仕事に取り組んでいます。
    このように子育てに携わってみると、行政について改めて気づくことがたくさんあります。生活の当事者としての目線を持つことは、町長の仕事にも大いにプラスになると実感しています。


    withコロナ時代の町づくりにどのように取り組んでいくのか

    三宅町では、住民や民間事業者との連携による町づくりを積極的に進めています。行政、住民、民間のそれぞれ得意なところを融合させることによって、これまでない地域課題の解決への道筋が見えてくるのではないでしょうか? 感染症対策の事業においても、その手応えを改めて感じています。それを思うと、今回の感染拡大という事態もけっしてマイナス面ばかりではないと、私は前向きに考えています。


    続きを読む
  • 担当者コメント

    植村 恵美
    奈良県三宅町 健康子ども局 植村 恵美
    注目事業に取り組むにあたっての課題、工夫したこと

    今回の注目事業では、新しい試みということもあり、最初は具体的なイメージが掴めず、現場の保育士にも多少不安があったようですが、実際、サービスがスタートしてみると、すぐに大幅な負担軽減となることがわかり、とても評判がよいです。これまでは、紙おむつを園児ごとに管理しなければならず、おむつの取り間違えや持ち帰りの確認など非常に手間がかかっていました。そこに感染拡大防止のための作業が加わり、大きな負担になっていたのです。
    また、保護者にとっても、紙おむつを持ち込むことばかりでなく、汚れたおむつを持ち帰るといった面倒も解消され、とても大きなメリットがあります。実際、連携する民間事業者が行ったアンケートでは、保護者の100%が「満足」と回答しています。


    課題の解決に向けて、他の職員たちとの連携

    この事業では、廃棄物となった紙おむつの回収が一つの課題になりました。民間の事業者に委託することも検討しましたが、その分支出が増えてしまいます。そこで関連する部門である環境衛生課に相談したところ、「自分たちの町の保育施設だから」と、紙おむつの回収・廃棄を快く引き受けてくれ、町の職員の力で解決できました。このように町の他の部署もとても協力的で、スムーズに事業を進められています。


    この事業で培った経験をどのように町づくりに活かしていくのか

    民間サービスの活用も今回の事業の大きな特徴です。民間事業者が提供する定額(サブスクリプション)サービス「手ぶら登園サービス」を導入しています。
    三宅町では官民連携を積極的に進めており、私自身、これまでも民間企業との協働事業に携わり、Web会議なども日頃から行っています。町も私もそんな経験を積んでいるので、今回の事業での連携もとてもスムーズに進んでいるように感じています。
    現在、三宅町では、住民がお互いに子育てを支え合う「子育てシェア」の取り組みを官民連携で進めています。この注目事業での経験を、これからの町づくりに活かしていきたいと思っています。


    続きを読む
  • 有識者コメント

    鷲見 英利
    官民連携事業研究所 鷲見 英利
    この取組を面白いと感じた理由

    私も2人の子供がおり、年齢が3つ離れているため一緒に登園ではありませんでしたが、保育施設に子供を送る際にオムツに名前を書いて持っていったことを覚えております。今では懐かしい記憶として残っておりますが、オムツ以外にも様々なものを一緒に持っていかないといけないことから、何人も同じ施設に通わせるママが多くの荷物を持って登園するのを見て、本当に大変な重労働と感じておりました。この事業はコロナ禍において、ウイルスを園にできる限り持ち込ませないことを主意とするも、家事軽減や女性の活躍を支える施策の一つとして、これからの新しい生活スタイルとなる良い前例だと感じております。


    この取組の特に注目してほしいポイント

    この事業の注目ポイントは、コロナ禍において、ウイルスを園にできる限り持ち込ませないだけでなく、家事軽減や女性の活躍を支える一助となり、またそこから生まれる余裕はウェルビーイングの実現につながるところが素晴らしい。またこのように子育て支援の事業は他の事業と重なり、総合政策となっていくことでママが活躍しやすい環境となり、出生率の向上や産業振興につながっていくことも想像できる。今後はオムツだけではなく、様々なアイテムも利用でき、すべての家庭に余裕のある生活を実現のきっかけとなることを期待しております。


    この取組をオススメしたい自治体

    どの自治体でも相性の良い事業だと感じますが、コロナ禍でより女性は余裕のない生活を強いられる事例が新聞記事等で多く見受けられ、何とか今の状況を打開しようふんばり、そして落ち着いた状況を見据え、より良い事業に成長させるべく努力される自治体で取り組んでいただきたく思います。


    続きを読む

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 幼児園感染対策・保護者支援事業