事業紹介

リモートワーク受入態勢整備事業

長崎県五島市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

リモートワーク受入態勢整備事業
  • 事例集番号

    76

  • 地域未来構想20

    ⑬リビングシフト

  • 事業実施時期

    令和2年10月~令和3年3月

  • 総事業費

    25,656千円

事業の推進によって、リモートワーク等の体験により観光以上移住未満と定義されている関係人口の創出を促し、継続的な関係性を保つことで、地域経済の活性化だけでなく、移住・定住へ向けた段階的な体験を提供します。
また、新型コロナ感染症収束後、加速化が予想される都市部在住の方々の働き方や生活の質の見直しによる地方移住への流れに対応できる環境整備を実施します。
具体的には、市内で不足しているリモートワーク等の受入施設を民間事業者が改修・整備する際の補助を行うことにより、多様性のある施設の展開につなげ、リモートワークを行う方々のニーズに対応できる環境を整備します。
また、五島市内3か所のキャンプ施設(公共施設)のwifi環境の整備により、受入態勢を強化し、五島市の豊かな自然の中でのリモートワークを推奨することで、リモートワークの適地として全国へ広くPRします。

photo

事業の背景

コロナ禍において、都市部在住の方々が豊かな自然の中でリモートワーク等を行う事で、生産性の向上や生活の質を見直すこととなり、移住定住へ向けた大きなアプローチとなることが期待され、五島市では、昨年度からリモートワーク実証事業を行うなどリモートワークに関する取り組みを行っておりました。取り組みの中での課題として、リモートワークを行う施設が少なく、多様性のある施設の展開が求められていました。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > リモートワーク受入態勢整備事業