事業紹介

主食用水稲次期作支援事業

茨城県稲敷市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

主食用水稲次期作支援事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    -

  • 事業実施時期

    令和2年10月~令和3年3月

  • 総事業費

    157,388千円

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、外食需要が激減し米価が下落した状況を踏まえ、営農負担の軽減による農業者の生産意欲を喚起し農業経営の安定を図るため、下記条件を満たす稲作農家に対し、次期作における肥料・農薬等の農業用資材の一部を補助金として支給する。
 
【補助金額】主食用米作付面積10aあたり5,000円
【条  件】
① 市内に住所を有している者
② 稲敷市地域農業再生協議会に「令和2年度営農計画書」を提出しているもしくは水稲共済に加入している稲作農家
③ 令和3年度以降も営農を継続する者

photo

事業の背景

稲敷市は、県内でも有数の米の特産地であるが、新型コロナウイルス感染症の影響により、主食用米のうち飲食店などが使う業務用需要が激減してしまっている。それにより価格の下落が発生してしまい、稲作農家は減収することが懸念される。
そこで、稲作農家の次期作への生産意欲の向上を図るため、この支援事業の実施に至った。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 主食用水稲次期作支援事業