事業紹介

多拠点居住推進事業

静岡県浜松市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

多拠点居住推進事業
  • 事例集番号

    76

  • 地域未来構想20

    ⑬リビングシフト

  • 事業実施時期

    令和2年7月~令和3年3月

  • 総事業費

    29,500千円

テレワークの課題を解決するため、We will㈱、スズキ㈱、㈱東海理化、浜松市の4者で「浜松テレワークパーク実現委員会」を設立。
エブリイやハスラーをアイドリングストップ中でも車内で電源が使え、また車内で仕事ができるようにデスクや照明を配置するなどテレワーク仕様に改造した。あわせて、市内の公共駐車場に専用区画や電源を整備し、テレワークができる環境を整備。令和2年11月のオープニングイベントを経て、令和3年1月から実証実験を開始し、令和4年3月まで実施する予定。
 
また、インフルエンサーを浜松市に招聘し、浜松市の魅力を発信するためのツアーを実施。その様子を動画撮影し、浜松市のワーケーションのPRに活用した。
 
※総事業費のうち、950万円が当該事業費になります。

photo

事業の背景

・ウィズコロナ社会のあり方として、経済モードと安全モードをうまく切り分けながら生活していく「デュアルモード社会」への移行が急務となっている。
・「デュアルモード社会」を体現する生活形態として、多拠点居住及びワーケーションを促進する機運が高まっている。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 多拠点居住推進事業