事業紹介

えな旅得チケット事業

岐阜県恵那市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

えな旅得チケット事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    ⑲商品券・旅行券

  • 事業実施時期

    令和3年6月~令和4年3月

  • 総事業費

    47,000千円

宿泊料金や土産品購入、観光施設の利用料などに利用できるプレミアム付きのお得なチケット。市内の宿泊施設や土産物店、観光施設など80施設が参加した。チケットは取扱施設で直接購入し、購入した施設や店舗に限り、料金の支払いに利用することができる。
 
事業のしくみは施設が紙のチケットを直接販売・利用していただくという簡易で分かりやすい方法とした。チケット金額は施設店舗により、代金の価格差や消費金額の価格帯に幅があることから、額面3,900円(販売価格3,000円)と額面1,300円(販売価格1,000円)の2種類を用意し、事業者が選ぶことができる。利用者はひとり1回につき5枚まで購入可能で、旅行当日に購入しその場で利用できるという手軽さを感じていただける。また、恵那市が実施する「かっとくチケット」や「プレミアム付商品券」との併用も可能、国のGoToトラベル事業や県の割引事業などとの併用も可能とし、事業の相乗効果を見込んでいる。
 
※総事業費:増額補正を行い83,000千円となった。

photo

事業の背景

新型コロナウイルス感染症のまん延により、大きな影響を受けている観光事業者に聞き取り調査を行ったところ、特に宿泊施設、土産物店、観光バス・鉄道事業への影響が深刻であると共に、恵那市観光が埋没しないよう国や県の需要喚起キャンペーンに加え、市独自の需要喚起策を求める声をいただいた。
そこで、市内観光業の支援と回復につながるよう、観光誘客と域内消費を誘引する「えな旅得チケット事業」を企画し事業実施に至った。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > えな旅得チケット事業