事業紹介

Back to the YORO事業

岐阜県養老町

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

Back to the YORO事業
  • 事例集番号

    69

  • 地域未来構想20

    -

  • 事業実施時期

    令和3年6月~令和4年3月

  • 総事業費

    11,318千円

町外在住者を対象とした関係人口創出や町内経済活性化に向けた事業として、養老町を訪れる観光客等が町内の店舗を利用した際の代金に応じて、地域商品券を付与する。
地域商品券は養老町で構築した電子決済アプリ『養老Pay』に地域商品券電子版にて交付する。
また、当キャンペーンの申請にあたり、SNS等で養老町に訪れた場所の魅力発信を行っていただいた方には地域商品券の上乗せ交付を行う。
 
【実施手順】
①、町外在住者に養老町内の飲食店、レジャー施設、観光施設などを利用(支払)いただく。
②、①の利用内容が分かる領収書を申請書に添え申込していただく。
※申込には養老町に訪問していただいたことのわかる写真を添付(必須)。但し、SNSでの投稿(推奨)の場合不要。

photo

事業の背景

新型コロナウイルス感染症の拡大により経済が冷え込み、養老町内の観光産業、飲食産業等においても利用者が減少し、経済が減衰していた。このような状況を改善するため、本町への来訪者を増やし、経済活動の活性化を促すことにより、観光・飲食事業者等への支援として当事業を実施。
また、関係人口創出を目的に、当事業で本町に訪れた方にSNSを通して一般の方からの養老町の魅力として発信を行っていただくことにより、本町への来訪者増進に繋げる取組としても実施した。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > Back to the YORO事業