事業紹介

地域環境整備事業

岡山県奈義町

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

地域環境整備事業
  • 事例集番号

    39

  • 地域未来構想20

    -

  • 事業実施時期

    令和2年5月~令和3年3月

  • 総事業費

    8,300千円

地域環境整備事業は、これまで町と一緒に地方創生事業に取り組んできた町民主体の地域再生推進法人が事業の受け皿となって実施しました。
事業のスキームは、コロナ禍により雇い止めや休業、その他収入が減少された方などが、法人の会員に登録。法人は町や企業、農業者から依頼・発注のあった様々な屋外作業(森林の間伐・草刈り・剪定・植栽・農作業など)を登録者に紹介し、登録者は自分の仕事を継続させながら空いた時間にできる仕事をできる分だけ実施するというものです。また、当法人の既存会員は子育てママからシニア世代まで既に200名以上います。依頼のあった作業を既存会員と一緒に行うことで、コロナ禍であっても会話をしながら楽しく安全に“しごと”を行うことができ、収入の確保にもつながり、加えて高齢化により担い手や労働力不足の著しい林業や農業の人的確保にも結び付き、「三方よし」となるよう事業の仕組みづくりを工夫しました。

photo

事業の背景

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、雇い止めや休業、その他収入が減少した方に仕事を創り、収入確保の一助とするため、事業を発案。
また、当事業は、担い手不足が深刻な林業や農業などの人材確保・育成と、美しい農村景観の向上も目的とし、比較的ソーシャルディスタンスの取りやすい屋外での作業(森林の間伐・草刈り・剪定・植栽・農作業など)を中心に“地域の仕事”として実施していただきました。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 地域環境整備事業