事業紹介

新型コロナウイルス感染症に関する生活支援サービス事業

奈良県黒滝村

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

新型コロナウイルス感染症に関する生活支援サービス事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    ⑭ハートフル

  • 事業実施時期

    令和2年5月~令和3年3月

  • 総事業費

    84千円

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者等で、保健所から自宅待機を要請され、買い物等のための外出ができなくなった村民の方とその同一世帯のご家族で、親族等の支援が得られない方に、黒滝村が役場から陸路で18kmまでの範囲で買い物や薬(処方箋医薬品)の受け取りを代行します。その後、自宅待機者に関する生活状況を継続的に確認します。
持病等で薬(処方箋医薬品)が必要な方は、村に申し込んだ上で医師に連絡し、医師の同意を得ていただければ、買物代行と同様の流れで薬を受取り、ご自宅へお届けします。
なお、 このサービスを利用されていることが周囲の方に分からないよう、村としては個人情報の保護に最大限務めます。
また、このサービスで必要な金銭及び商品の受け渡し時には、村担当者に感染の危険が及ばないよう十分な対策を講じて実施します。。

事業の背景

保健所から濃厚接触者等と認められ自宅待機を要請された村民とその同一世帯のご家族であって、親族等によるサポートを受けることができない方が発生することが想定されるため。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 新型コロナウイルス感染症に関する生活支援サービス事業