事業紹介

天理まなび支え合い塾事業

奈良県天理市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

天理まなび支え合い塾事業
  • 事例集番号

    107

  • 地域未来構想20

    -

  • 事業実施時期

    令和2年6月~令和3年3月

  • 総事業費

    15,560千円

コロナ禍での収入減少により経済的困難を抱える市内在住・在学の大学生を指導員として雇用し、受験を控えた中学3年生の放課後学習を無償で行う「天理まなび支え合い塾」を開講した。
天理市文化センター及び天理駅南団体待合所において、感染対策を施した上で大学生と中学生が1対1または1対2で個別指導を行い、家庭学習による教育格差の解消に努めた。
学習後には、中学生にアンケートを書いてもらうことで学習状況を確認し、アンケートの内容を大学生に還元することで指導に役立てた。
実施期間:令和2年9月から令和3年2月(全48回)
学習時間:毎週水曜・金曜の午後5時から午後7時まで
指導教科:英語、数学および家庭学習支援
大学生指導員の人数:50人 中学生の人数:85人

photo

事業の背景

新型コロナウイルス感染症の影響により、保護者の収入やバイト収入が減少した大学生が学業を断念せずに継続できるようにすること、また家庭の経済状況や学校の臨時休業等で学習機会が減った受験生(中学3年生)の学習格差が広がらないようにすることが課題であった。それらを解決するため、両者を同時に支援でき、共に支え合える施策として「天理まなび支え合い塾」事業の実施に至った。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 天理まなび支え合い塾事業