事業紹介

屋外空間活用検証事業

静岡県下田市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

屋外空間活用検証事業
  • 事例集番号

    -

  • 地域未来構想20

    ⑳事業構造改革

  • 事業実施時期

    令和2年7月~令和3年3月

  • 総事業費

    3,000千円

「屋外空間活用検証事業」は、3密を回避しやすい道路、公園、河川空間など、誰もが利用できる屋外空間に様々なアクティビティをよび起こすことによって、商業の活性化、地域コミュニティの醸成を図ることができないか、屋外空間活用の考え方を整理することを目的として実施しました。10月16日(金)〜11月8日(日)に開催する「下田がんバル」に合わせて、都市公園2箇所、漁港の物揚げ場、市道1路線の屋外空間を使って、仮説の「まちなかリビング」を創出し、観光客や市民の活動の可能性を検証しました。コロナ禍で多くの店舗がテイクアウトメニューを販売していたことから、会場には、テイクアウトメニューを読み取れるQRコードと店舗地図のボードを置きました。また、会場配達が可能な店舗メニューも掲載しました。会場づくりでは、観光客に好まれるような設えとなるよう、日本大学建築学科山中研究室の学生さんに、デザインや設営をサポートしてもらいました。

photo

事業の背景

コロナ禍による3密回避のために、人との接触、距離を保つという考えから、飲食店の規模が比較的小さい下田の市街地では、安全な飲食を提供できず営業に困惑していました。加えて、本地区のまちづくりの方針に、歩きたくなる中心市街地にしようという目標があり、3密回避と歩きたくなる空間づくりとを掛け合わせ、観光客や市民が居心地よくて、居たくなる屋外空間づくり、屋外を使った”新しい観光様式”を目指していくこととしました。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 屋外空間活用検証事業