事業紹介

敦賀ネットモール整備事業

福井県敦賀市

  • 首長インタビュー
  • 有識者コメント
  • 自治体ピックアップ事業
  • 活用事例集事業
  • 地域未来構想20
  • オープンラボ

事業の概要

敦賀ネットモール整備事業
  • 事例集番号

    82

  • 地域未来構想20

    ③キャッシュレス

  • 事業実施時期

    令和2年8月~令和3年3月

  • 総事業費

    3,520千円

敦賀ネットモール整備事業は、コロナ禍によるEC需要の増加等に対応するため、ネットモールを構築し、市内商業店舗の情報発信及び販売促進を図る事業。
各店舗でHP等を作成し情報発信を行っているが、ネットモールを構築することで、エリアや目的別に調べることができ、市内店舗を、ネットモールから各店舗ページへアクセスし、ネットでの注文等もできるようになっている。
また、学生モニターによる取材やSNSでの情報発信も行っており、若い世代への波及効果や地元のお店を知ってもらうきっかけづくりとしての仕掛けも行っている。
さらに、臨時交付金で作成したネットモールの利活用を進めていく仕組みづくりも行っており、令和3年度には、市単独事業として、電子クーポンを発行し、商業店舗での消費拡大を促す電子クーポンをネットモール上で発行し、アフターコロナに向けた取組みも視野に入れ、取組みを進めている。

photo

事業の背景

コロナ禍により、イベントの中止や人の移動抑制により、市内飲食店等の売上減少が見込まれる事態となった。また、コロナ禍によりEC需要は大きく伸びているが、大手ECサイトに需要の大半が取り込まれ、独自サイトの立ち上げ等を行う小規模店舗はこの恩恵にあずかれない状況にあった。そこで、市内店舗の情報をとりまとめ、仮想商店街をイメージしたネットモールを構築し、各店舗の情報発信等を支援することとした。

他の自治体の注目事業

注目事業一覧

TOP注目事業 > 敦賀ネットモール整備事業